月寅次郎のサイト

アゴと峰の磨き込み - 木屋 牛刀 DIYカスタム詳細

最終更新日: 作者:月寅次郎

アゴと峰を磨き込み、細部に至るまで美しい光沢を

包丁 峰

アゴの内側と峰は、丁寧に磨き込んで美しく仕上げました

細かい部分ですが、この部分を丁寧に仕上げることで、量産品の包丁では得られない美しさを引き出すことができます

耐水ペーパーでグラインダーの目を消し、徐々に番手を上げて2000番まで引き上げ、仕上げに粗目のコンパウンドをかけ、最期にブルーマジックをかけています

入手時の状態(アゴ)

包丁 アゴ
アゴの内側にグラインダー跡がしっかり残っています

そこそこ高級な包丁でも、この程度の仕上げになっているのが普通です
せいぜいバリ取りを丁寧にして、指あたりを良くしてある程度です

包丁 アゴ
別角度からの一枚です

口金とブレードの境のあたりに、深い傷が入っています
このような細かな傷を取り、流麗に仕上げると、市販品では決して得られない高級感を演出することができます

アゴの内側や、峰の磨き込みについては、技術的には決して難しいものではありません
大手メーカーでも個人規模の鍛冶屋でも、造作もなくできることです

ただこの部分は、手作業による丁寧な研磨が必要となるため、作業コストを製品価格に転嫁すると、包丁の価格自体が跳ね上がってしまいがちです(少なくとも、安く売るとコスト的に合わなくなる)

その割にはあまり目につかず、消費者に対するアピール効果も少ないため、費用対効果が見込めず、どのメーカーも「バリを取って指あたりが悪くならないようにしている程度」です

数千円の普及タイプの包丁と、1万円前後の高級包丁を比べると、仕上げに違いが出る部分でもありますが、あくまでも程度の差でしかありません

当ページにあるような、美しく磨き上げた峰やアゴ(の内側)が欲しい場合は、自分で手磨きする以外にありません。通常の販売品で、最初からこのように仕上げられている包丁は稀です

磨き込み後(アゴ)

包丁 アゴ 研磨
アゴの内側は、(前側を持った場合)中指の側面が当たる部分です

面取りを施して角を丸め、ツルツルの平滑面に仕上げることで、指あたりを良くします
(外観だけではなく、使い心地も良くなります)

金色に写っている部分は、漆を塗っている箇所です

包丁 アゴ 研磨
別角度からの一枚です
きれいな平滑面が出ていることが判ります

アゴ付近の小刃幅が広くなっていますが、これは刃付けの角度を変えたわけではなく、研ぎ方をミスったわけでもありません。ここだけ「刃筋が厚めに残っている」ためです

おそらく、意図的に刃の抜き具合を変えているものと思います

アゴの部分は厚みを残して堅牢性を確保し、アゴより先は薄く抜くことで、刃の抜け具合を良くしているものと思われます

見事な職人技です。このような凝った刃の抜き方をしている洋包丁は、初めて見ました
この点は動画では言及していませんが、実に素晴らしいポイントです

「恐ろしく絶妙な刃の抜き具合、オレじゃなきゃ見逃しちゃうね」と言いたくなるところです
(元ネタ:HUNTER×HUNTER)

追記:今から思うと、出刃包丁の刃付けのように、アゴ周辺のみ鈍角に刃付けすれば良かったかなと思います
(包丁の造り手の意図がわからなかったため、一律に同じ角度で研いでしまいました)

峰の磨き込み

包丁 峰

峰も角を丸め、丁寧に磨き上げました
やっていることは、口金の鏡面仕上げとおおよそ同じです

ミニルーター等の電動工具と軸付き回転ゴム砥石を上手に使うと、労力を節約することができます
ただ、電動工具の難しさもよく理解しておかないと、逆に失敗して修整が大変になったりもします
(バフや回転砥石をうっかり止めてしまうと、そこだけ深く掘れてしまうので、上手に動かし続けないといけません)

電動工具を使うと時短になって労力は減りますが、難易度は逆に増しますので要注意です

カスタム作業、工程毎の解説ページ一覧


日本橋木屋の牛刀 DIYカスタム

日本橋木屋の牛刀 包丁の解説


おすすめの包丁(外観より切れ味重視でランキング)

家庭用のおすすめ包丁(安い価格で、最良の切れ味を)

ダマスカス包丁について(本当におすすめ?)

包丁のトップページ に戻る