月寅次郎のサイト

ピカールの粒度と研磨素材

最終更新日: 作者:月寅次郎

ピカールの粒子サイズと研磨材の材質は?


商品名 粒度 材質 備考
ピカール エクストラメタルポリッシュ アルミナ ※1 プラボトル入・液体
ピカール液 アルミナ 缶入・液体
ピカールネオ アルミナ 缶入・液体・低臭溶剤使用
ピカールケアー アルミナ チューブ入・クリーム状
ピカールネリ 10μ アルミナと
シリカ混合
缶入・半練り
ピカール ラビングコンパウンド 15μ シリカ 缶入・半練り
μ=ミクロン=マイクロメートル=μm

ピカール液
各製品の粒度(平均粒径)を番手に換算すると・・・
3μはおおよそ#5000番、10μは#1500番~#2000番程度、15μはだいたい#1000番に相当します(おおよそこのような相関関係となります)

とはいえ、それぞれに対応する番手のサンドペーパーと磨き比べてみると、仕上がる目がかなり異なることがわかります

実際にやってみると判りますが、同じ番手でも、サンドペーパーの方が粗く仕上がるものです。同番手の砥石ですとさらに目が粗くなります
これは、ベースが硬いとワークへの食い込みが大きくなるからです
石>紙>布の順に圧がかかりやすくなるため、同一粒径でもより深く食い込み、仕上がりの目が粗くなるのです

細かいことを言うと、粒子の硬度、角の立ち具合(形状)、潰れやすさなどなど、他の要素も影響してきます(粒度や番手のみで捉えないことが重要です)

※1 : エクストラメタルポリッシュの研磨素材は未確認ですが、高質金属用とありますので、アルミナ(ホワイトアランダム)で、ほぼ間違いないでしょう

鏡面仕上げ、研磨、磨き作業の例

ペティナイフ・鏡面 包丁を鏡面にする(傷だらけがピカピカに)
ステンレス製の包丁(ペティナイフ)を鏡面にしました
側面に大きく入った傷を消し、ブレード形状を整え、鏡面に仕上げています
鏡面オピネル オピネルナイフの鏡面仕上げ
炭素鋼(ハガネ)のナイフを鏡面にしています
黒錆の腐食が深かったですが、砥石や耐水ペーペー、コンパウンドを駆使し、最終的にはバフがけで鏡面に仕上げました
和包丁のカスタム(薄刃包丁)
赤錆の浮いた薄刃包丁を、柄の付いてない刃のみの状態で入手しました
状態は決してよくありませんが、物自体はとても良さそうだったので、刃を鏡面に、柄を漆塗りにして、美しい包丁に仕上げました

ピカールの種類、いろいろあるけど、どこが違う?

ピカール液とピカールケアー - 番手は同じ、粘度が違う

ピカール

ピカールケアー
半練り
ピカール液とピカールケアーは、使用されている研磨材の粒度(番手)と材質が同じです
違いがあるのは、缶入り、チューブ入りという形態もありますが、それは製品の粘度に応じた最適な容器を使用している結果であり、注目すべきなのは、「研磨材を分散させている溶媒の粘度」です

ピカール液は、「液」というだけあって液体です。分散用の基材に対する研磨材の割合も相対的に少なく、研磨材含有量は20%となっています

一方のピカールケアーは、クリーム状のため、研磨材の割合が大きくなり、こちらは研磨材25%となっています
双方ともに、中に入っている研磨材は同じですので、同じレベルの研磨が可能ですが、ピカールケアーの方が、より粘度が高いため、少量のみ押し出して使いやすく、より小さな面積を磨く場合に適しています
一方のピカール液は、ウエスに液体を取って、より大きな面積を磨くことに適しています

つまり、指輪やアクセサリーなど、小物を磨きたい場合はピカールケアーを、ある程度の大きな面積を磨きたい場合には、ピカール液を使用するのが最適です(そのため、ピカール液には、内容量300gのものや、5000gの大容量の製品も販売されています)

ピカール液と、ピカールネオ - 番手は同じ、溶剤が異なる

ピカールネオ
液体・低臭
研磨剤はどちらも同じアルミナ、平均粒径は約3ミクロンで、含有量も同じです

異なるポイントは、ピカールネオは低臭タイプであるということです、ツンと来る嫌な臭いが少なくなっています

違いのポイントは、溶剤です。 ピカール液の溶剤は灯油ですが、ピカールネオは、低臭タイプのの溶剤が使用されています
この低臭溶剤は、灯油と比較して皮膚や眼に対する刺激が少なく、揮発速度も遅くなっています(含有量は、ピカール液が灯油10%となっているのに対し、ピカールネオは低臭溶剤20%含有です)

さらに細かいことを言いますと、ピカール液は水中油滴型の乳化液ですが、ピカールネオは逆に、油中水滴型の乳化液になっています(オイルベースの中に水が粒になって分散している)

細かいところはいろいろありますが、一言でいうと、ピカールネオは臭くない!(他の使い勝手は全く同じ) …です
ピカールネオは2018年発売の新製品ですが、ユーザー目線に立った素晴らしい商品だと思います。日本磨料工業さんがんばりましたね!

ピカール液(ピカールケアー)と、ピカールネリの使い分け

ピカールネリ
10ミクロン
前述のように、ピカール液とピカールケアーは研磨粒子が同じであり、磨く面積によって使い分けます
それでは、ピカールネリについてはどうでしょうか?

ピカールネリは、ピカール液とピカールケアーに比較して、粒子サイズが大きいため、切削効率が高くなります。その分だけ傷取り能力も高くなりますが、仕上がりの光沢具合は、ピカール液に一歩譲るかたちになります
それでも10ミクロンというのは、粒度で言うと#2000番程度であり、一般的な耐水ぺーパーでは、最も目の細かい部類にあたります(厳密に言うと、10ミクロンは、#2000~#1500番の中間あたりになると思います)


ピカール液とピカールケアーは、粒子がかなり微細なため、金属表面の酸化膜を剥ぎ取って、光沢を出すことには向いていますが、凹凸のある表面をならす用途には、あまり適していません(もっと目の粗いものを使用したほうが効率的です)
ちなみに、3ミクロンというのは、番手で言うと#5000番あたりに相当します。粒度的には、もはや「削る」とはいえず、「磨いて鏡面を出す」という領域です

番手や粒度を言葉で表現するのは難しいですが、ピカール液、ピカールケアーは、非常に目の細かい鏡面磨き用、ピカールネリは、一般的な磨き用・軽微な傷消し用、と考えて良いでしょう

ある程度の深さまで切削して凹凸をならしたり、深い傷を判らなくしたい場合には、より目の粗い研磨紙などを使用して、一旦大きな凹凸を取り去ってから、これらの製品を使用した方が、効率良く作業できます

ピカール ラビングコンパウンド

ピカール
ラビングコンパウンド

15ミクロン
ピカール ラビンコンパウンドは、粒子サイズが15ミクロンであり、ピカール製品群の中では研磨粒子サイズが最大です
このため、傷取り能力が高く、鏡面仕上げ前の下処理などに活用が可能です
ちなみに「ラビング」とは、"Rubbing"のことで、「研磨」を意味します(その他には「揉む、擦る、摩擦」などの意味を持ちます)

金属製品の鏡面仕上げにおいて、ピカール液でいくら磨いても、光沢が今一つの場合は、そもそも傷が取り切れていない場合がほとんどですので、その場合は粒度の大きなラビングコンパウンドで一旦傷を取り去ってからピカール液を使用するとうまくいきます
それでもダメな場合は、耐水ペーパーの粒度(2000番)まで、番手を落とすしかありません

ピカール エクストラメタルポリッシュ

ピカール
エクストラ
メタルポリッシュ

1ミクロン
ピカール エクストラメタルポリッシュは、粒子サイズが1ミクロンです。ピカール製品群の中では研磨粒子サイズが最小となります

ここまで粒子サイズが小さい(番手が大きい)と、研磨対象の硬度が高い場合には、研磨力が小さくなるため、その効果が実感しづらくなります
ですが逆に、柔らかい素材であるプラスチックや樹脂に対しては、なかなか使い良い粒度となります
プラスチックや塗装面の最終仕上げとしても、使用可能な粒子サイズです

ちなみに、自動車のヘッドライトカバーの黄変を除去する専用クリーナーの中身は、1~1.6ミクロン程度の液体コンパウンドですので、「エクストラメタルポリッシュ」と、ほぼ同等です

研磨剤は、用途(傷の深さと素材の硬さ)に応じて、適正な粒度のものを使用することで顕著な効果が得られますが、使い方が合っていないと、「スプーンでプールの水を汲み出すような作業」になる場合があります
こうなると、いくら磨いても埒があきませんので、用途に合ったものを選びましょう
ピカール 金属磨き

適切な研磨を行うには…


「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」といいますが、研磨においてもまさにその通りです

これから磨こうとする対象素材の、「硬度、表面の平滑度、傷の有無、傷の深さ」…などを知ると同時に、使用する研磨材の、「硬度、粒度、伸びの良さ、素材適性」…などを把握する必要があります
そうすることで、対象素材と研磨材の相性がよくわかり、失敗が避けられます

研磨材を使用するにあたって重要なのは
  1. 研磨材と、研磨される材質との間に、適切な硬度差があること
  2. 研磨粒子の粒度(大きさ)が、研磨される素材の平滑度に合っていること
・・・です

なお、どのような布(ウェス)を使用するのが最適なのかについては、
こちらのページ ブルーマジックのウソ・ホント - 粒度、研磨剤、成分 で詳しく解説しています

光陽社
コンパウンド用
みがきクロス
サンワサプライ
ハイテククロス
フェルナンデス
ポリッシングクロス

1:適切な硬度差(削るほうが硬く、削られる方が軟らかいこと)

研磨材の方が硬くなければ、そもそも削ることすらできません
つまり、研磨材の粒子の硬度と、削られる方の素材の硬さを、(だいたいでよいので)把握しておくということが重要です(もしくは、その素材専用の研磨材を使用する)

たとえば、ピカール ラビングコンパウンドは、粒度が15ミクロンと大きめのため、深く削ることができ、高い切削効率を持っています
しかし、研磨粒子がシリカ(※1)のため、自動車塗装面の傷取りなどには適していますが、硬度の高い刃物用鋼材などに使用する場合は、双方の硬度差があまり生じないため、研磨効率が悪い場合があります

ちなみに、ピカール液ピカールケアーに使用されているアルミナ(AL2O3)は、酸化アルミニウムのことであり、モース硬度9と、硬度の高い材質です
鉱物としてはルビー、サファイア、コランダムとして産出されます。焼結させたものはセラミックとして利用されており、白色のセラミック系砥石も、このアルミナを固めて作られています

アルミや銅など軟らかい金属を磨く場合には、酸化カルシウムやシリカなどが、研磨材としては適切でしょうし、金や銀、白金などの、さらに軟らかい金属に対しては、酸化鉄などを使用した研磨材が、硬度的には合っていると言えるでしょう
個人的には、硬度の出ている刃物用鋼材を磨くことが多いため、研磨材にアルミナが使用されているかどうかというのを、購入時に確認するようにしています
※1:『シリカ』、SiO2(二酸化ケイ素)、モース硬度は7程度

まとめ:
研磨材は、素材にあったものを使用する。切削対象と研磨材の間に、適切な硬度差が必要です
硬度差がないと削れませんし、差がありすぎるのも、研磨粒子が深く食い込みすぎてよろしくない場合があります。硬度差がありすぎる場合は、柔らかい布を使用して、軽めに磨くなどの注意が必要です(ピカール液でヘッドライトのプラスチックカバーを磨く場合など)

関連ページ:さまざまなコンパウンドを使用して鏡面に仕上げる(アルミニウムシリケートの研磨材を、焼入れ後のハガネに使用して、ほとんど削れなかった事例など)

2:素材の平滑度に応じ、適切な粒度の研磨材を使用する

研磨対象の素材に、深い傷が全面に入っていたり、腐食が酷いなどの場合には、数ミクロンサイズの研磨材では、「プールの水をスプーンで汲み出すような行為」になる場合があります
これでは、いくらやっても埒が明きません

ピカール液ピカールケアーなど、細かい粒子を使用した研磨材は、使いようによっては鏡面に持っていくこともできますが、それはあくまでも、鏡面の手前の状態、つまり下準備が適切に行われた状態であることが大前提です

どんな酷い状態でも、ピカールさえ使えば、魔法のようにピカピカになるわけではありません
少なくとも、深く溝状に入った傷は、いくら磨いても取り去ることは難しく、傷の状態に応じた粒度の研磨材を使用しなければ、非常に効率の悪い作業となります

まとめ:傷の状態、平滑度の状態に応じて、最適な粒度の研磨材(もしくは耐水ペーパー、ベルトサンダー等)を使用しましょう

補足:研磨材やコンパウンドには、粒度と材質が明記されていない事も多い

ピカール 成分
研磨材には、真鍮・ステンレス用などと、対象素材は書かれているものの、粒度と研磨粒子の素材が記載されていないものもあります(どちらかというと、記載されていないことのほうが多いです)

画像は「ピカール 金属磨き」の例であり、成分表に「アルミナ系鉱物」とありますが、平均粒径(粒度・番手)については記載がありません

とはいえ、最適な研磨を行うためには、やはり粒子サイズと素材材質は把握しておきたいものです
でないと、番手を上げたい時、下げたい時に製品の使い分けができませんし、どこまでの硬度に対応できるかも分かりません

こちらの記事では、「ピカールとブルーマジックを磨き比べた~!」は愚の骨頂 と、こき下ろしていますが、こういう行為も、粒度と研磨素材に対する知識が不足しているからこそ起こるのだと思います

さらに言うと、青棒をピカールに溶かして使うとか、ピカールとブルーマジックを混ぜて使うとか、そういった行為は、「もしかして小学生なのか?」と疑いたくなります

研磨剤の原材料を製造しているメーカーからすると、粒径3ミクロンなら、できるだけ「ほぼ3ミクロン」になるように、すべてが均一な同じサイズの粒子になるように、たいへんな企業努力を重ねているのです

それは、「そのサイズで統一されている」という事にこそ、研磨製品としての意義があるからです

それをわざわざ、番手の異なる研磨剤を混ぜ合わせて磨くというのは、「何をやっているの?」と問いたくなります

研磨剤同士を安易に混ぜる行為は、ただの自己満足でしかなく、全く意味がありません

「プリンもチョコレートもどちらもおいしいから、混ぜて食べたら2倍うまいじゃね?」というのは、小学生レベルの発想ですが、粒度の異なる研磨剤(コンパウンド)を混ぜて使用するのも、同じレベルの発想ではないかと思うのです


青棒、白棒、赤棒はどうか?

個々の製造メーカーや商品によって違いはありますが、一般的には…

 赤棒:50ミクロン程度(# 300番相当)、二酸化珪素(トリポリ)
 白棒:15ミクロン程度(#1200番相当)、酸化アルミニウム(アルミナ)、
 青棒: 5ミクロン程度(#3000番相当)、酸化クロム

…といったものが多いです。粒度については、メーカーによって多少の差異があるとは思いますが、研磨素材については、これらが使用されていることが多いです(※1)
白棒の白色は、アルミナ特有の色で、セラミック包丁やセラミック製のシャープナーは、この白い色がそのまま出ています。さらに、酸化クロムの緑色は、顔料として黒板などに使用されています


また、それぞれの材質に応じて、均一に加工しやすい粒子サイズがあるため、粒子の大きさでいうと、赤棒>白棒>青棒なっており、この順番は基本的に不動です

そのため、「5ミクロンの赤棒」や「50ミクロンの青棒」といった商品は、まずお目にかかることができません

※1:柔らかい貴金属を研磨するための「ベンガラ(酸化鉄)」も、赤棒と呼ばれる場合があり、混同しないよう注意が必要です
また、光陽社の「サイザー46」は、研磨材が酸化アルミニウム(アルミナ)で、粒子サイズも平均13ミクロン程度なのですが、外観が赤褐色で、見た目が赤棒に近いです(赤棒という名称で販売されているわけではありませんが、素材と粒度の確認は重要だという良い見本かもしれません)

ツイートボタン

当サイトの人気ページ

包丁おすすめ おすすめの包丁 (外観より切れ味重視でランキング)
関孫六プレミアシリーズの包丁を、包丁マニア目線でおすすめ順にランキングしてみました

外観よりも切れ味重視でランキングしたために、包丁販売業者が推す「おすすめ包丁」とは、真逆のランキングになっています


包丁 家庭用のおすすめ包丁(安い価格で、最良の切れ味を)
高硬度鋼材の包丁と、オールステンレスの包丁を思いっきりこき下ろしていますが、「家庭用としてはいかがなものか?」という考えで、こうなりました
安くて切れ味の良い包丁」という視点なら、炭素鋼複合材の包丁が群を抜いて素晴らしいです
炭素鋼複合材の包丁は人気が無く、今どき作っているのは(大手では)貝印ぐらいしかありませんが、ぜひ使ってみて下さい
同価格帯のステンレス包丁なら、完全に凌駕します

ダマスカス包丁 ダマスカス包丁について(本当におすすめ?)
ダマスカスは、人気で売れ筋の包丁ですが、本当にそれだけの価値があるのでしょうか?
見栄えがするためメディアなどでもよく取り上げられますが、あれは側面に装飾用鋼材をあしらっただけの包丁です
「切刃にVG10を使った三枚合わせの包丁と、一緒じゃないか!(しかも高い)」と言いたくなってしまいましたので、ダマスカス包丁の真実を暴くことにいたしました

キャンプ・ナイフ キャンプにおすすめは、刃渡り長めのフィレナイフ
個人的に使っているガーバーのフィレナイフを題材に上げ、バーベキューキャンプなどで本当に使いやすいナイフとはどういうものかを考えてみました

女性には、洒落た北欧デザインが可愛い、ラパラのフィッシュフィレナイフを、男性にはブラックアウトされたブレードが渋くて格好いい、プレゼンテーションラミネートを推します
(実用性ならEzGlide7か、モーラナイフのフィッシング コンフォートスケーラーが良いでしょう)

カービングナイフもおすすめですが、フィレナイフでも塊肉や鶏も丸焼きを切り分けることは可能です。カービングフォークと一緒に使えば、キャンプの主役になれますよ

登山用ナイフのおすすめは?(日帰り、テント泊、アルパイン)
登山用のナイフについて、まじめに考えてみました
日本一周の旅で使用したのは、ビクトリノックスのソルジャーでした(10ヶ月半連続使用)、アメリカ横断時はBackのミニナイフ(約2ヶ月半)、その後オピネルNo.10を使うようになり、登山やキャンプに最適のナイフを探すようになりました
現在登山時に携行しているナイフは、カーショーAce1710です。オートルートや大雪山、後立山縦走などで使用しましたが、25gの軽さは重量軽減に貢献しています
このページでは、Ace1710以外で「私ならこれを買う」というナイフを挙げてみました
総テント宿泊回数600回超の経験を踏まえて選びました。見た目やインスタ映えよりも、用途毎に合った実用性と価格を重視しています(本当に山が好きな方は参考にしてみてください)

 ブライトホルン登山(中央峰・4164m)
ブライトホルンは、スイスとイタリアの国境に位置し、マッターホルンとモンテローザに挟まれた4000m級の山です
この時は、ウォーカーズ・オートルートを歩くために渡欧したのですが、帰国予定日まで余裕があったため、天候の良い日を待って登ることにしました
「オートルート」は、世界的に有名なトレッキングコースです(水平距離約180㎞・累積標高12,000m)
モンブランを望む山岳リゾート地であるフランスのシャモニーがスタート地点で、マッターホルンの麓であるスイスのツェルマットがゴール地点となります(雨天停滞日を含め、踏破に17日間かかりました)