月寅次郎のサイト

ブルーマジックはシンク磨きに良い?

最終更新日: 作者:月寅次郎

ブルーマジックはシンク磨きに良い?

ブルーマジック

ブルーマジック メタルポリッシュクリームは、その名の通り「金属磨き用」です
元々は自動車の金属パーツやトラックのメッキホイールを磨くための「カーケミカル用品」として開発されました

最近では「シンクを磨くとピカピカになる」と話題になりましたが、実際のところどうなのでしょうか?

このページでは・・・、
ブルーマジックの家庭での使用について説明します

 ブルーマジック - 目次

  1. ブルーマジックの基本 (ページ1)

  2. 番手・粒度・成分 (ページ2)

  3. 使用例と感想(鏡面仕上) (ページ3)

  4. 使い方上級編 (ページ4)

  5. 車のボディ磨き (ページ5)

  6. 家庭での使用 (ページ6)
ツイートボタン

台所のシンクを磨くと、ピカピカの鏡面になるのか?

ブルーマジック
550g

キッチンの流し台(シンク)は、基本的にステンレス製です
ブルーマジックは「金属磨き用」ですので、ステンレス素材との相性も良く、根気よく磨けば輝きが増してピカピカになります

鏡面になるかどうかは、1.下地の状態がどの程度か?ということと、2.どこまで時間をかけて作業するか?にかかっています

ちなみに、長年使い込んだ流し台などは、表面に深い傷が入っている場合もあり、そのような深い傷までは取れません(それでも傷は目立たなくなりますし、ピカピカ感は確実に増します)

「傷は取れない」というのは、 ブルーマジックは、鏡面仕上げに適したコンパウンドであり、粒径サイズが小さい分だけ、一度に切削できる深さが浅いからです

ブルーマジックの平均粒径サイズは5ミクロンです
そのため、一度の研磨で切削できるのは1ミクロン以下だと推定されます(厳密には計測することすら難しいです。研磨粒子のキメが細かい分だけ、削り取れる深さは浅いのですが、その分下地さえ出ていれば、かなり平滑に仕上がります)

ラビングコンパウンド(傷取り用研磨剤)であれば、粒径が大きいため、いくぶん切削効率は良くなります
ブルーマジックで深い傷を取ることも、理論的には不可能ではないのですが、プールの水をコップでかき出すような、効率の悪い作業になります

研磨においては、傷の深さを読み違えたり、研磨剤の選択を誤ったりすると、いくら磨いても傷が取れず、いたずらに時間を浪費してしまいかねません

インド哲学には、「劫(こう)」という観念があります。「百年に一度、天女が衣の袖で大岩を撫で、その岩が摩滅しても終わらないほどの長い時間」を指します

この「劫」は、岩を薄衣で摩滅させようとするから、永遠に近い長さがかかるのです
傷が深い場合は一旦番手を下げて傷を取り、その後、徐々に番手を上げていくことで、研ぎ目を細かくしていく必要があります(やみくもに磨けば良いというものではありません)

シンク磨きにブルーマジックを使うのは「あり」なのか?

ホルツ
ラビング
コンパウンド

50ミクロン
「Twitterのネタ」や「お遊び」としては面白いかもしれませんが、実生活の上では、あまり現実的ではありません

丁寧に磨けばピカピカになるのは確実ですが、そもそもシンクというのは、皿や鍋がドカドカ置かれる「作業場」です
特に皿の裏の釉薬が掛かっていない部分は、硬度が高くザラザラですので、せっかくピカピカに磨いても、置くだけで微細な傷が入ります

つまり、一時的にピカピカにはなりますが、それは永続的なものではなく、使っているうちに元のくすんだ状態に戻るのです

住宅展示場のモデルルームのように、生活の場として使用せず、ディスプレイとして陳列するなら判りますが、「実生活で酷使される場所を、一時的に鏡のようにピカピカにしてどうするの?」という感じです

だからこそ「非現実感」が作用してバズったわけですが、実生活でこれをやると…
「そんなところピカピカにするくらいなら、トイレと換気扇、掃除してよ。…そうだ、窓も拭いといて!」と、言われること確実です。(単身者を除く)

はっきり言ってしまうと、流し台は「クリームクレンザー」でこまめに磨くのが一番です

クリームクレンザーが適している例

ブルーマジックの研磨粒子は「アルミナ」であり、研磨剤としては硬度が高い部類に属します

包丁の側面や、IHクッキングヒーターの天板など、商品名や操作表示のプリントがあるものは、印字部分をブルーマジックでむやみに擦らないようにしましょう

プリント部分は「塗料が乗っているだけ」ですので、研磨力が高いブルーマジックでは、プリントを削り落としてしまう恐れがあります
このような汚れ落としの用途には、クリームクレンザーの方が適しています

台所用のクリームクレンザーは、研磨剤として、切削力が比較的穏やかな「シリカ」が使用されています。そのため、上手に使えば汚れだけを落とす事ができます

シリカは、アルミナに比べると柔らかいですが、言い換えれば石英(二酸化ケイ素)ですから、たいていの金属よりは高硬度です。プリントの印字部分も力を入れて擦り続ければ、擦り落とすこともできますので、印字がある部分は優しく擦るなど、配慮して使いましょう

当サイトの人気ページ

包丁おすすめ おすすめの包丁 (外観より切れ味重視でランキング)
関孫六プレミアシリーズの包丁を、包丁マニア目線でおすすめ順にランキングしてみました

外観よりも切れ味重視でランキングしたために、包丁販売業者が推す「おすすめ包丁」とは、真逆のランキングになっています


ダマスカス包丁 ダマスカス包丁について(本当におすすめ?)
ダマスカスは、人気で売れ筋の包丁ですが、本当にそれだけの価値があるのでしょうか?
見栄えがするためメディアなどでもよく取り上げられますが、あれは側面に装飾用鋼材をあしらっただけの包丁です
「切刃にVG10を使った三枚合わせの包丁と、一緒じゃないか!(しかも高い)」と言いたくなってしまいましたので、ダマスカス包丁の真実を暴くことにいたしました

登山用ナイフのおすすめは?(日帰り、テント泊、アルパイン)
登山用のナイフについて、まじめに考えてみました
日本一周の旅で使用したのは、ビクトリノックスのソルジャーでした(10ヶ月半連続使用)、アメリカ横断時はBackのミニナイフ(約2ヶ月半)、その後オピネルNo.10を使うようになり、登山やキャンプに最適のナイフを探すようになりました
現在登山時に携行しているナイフは、カーショーAce1710です。オートルートや大雪山、後立山縦走などで使用しましたが、25gの軽さは重量軽減に貢献しています
このページでは、Ace1710以外で「私ならこれを買う」というナイフを挙げてみました
総テント宿泊回数600回超の経験を踏まえて選びました。見た目やインスタ映えよりも、用途毎に合った実用性と価格を重視しています(本当に山が好きな方は参考にしてみてください)

最初のページ
ブルーマジックの基本 に戻る