「茜」- 関孫六のおすすめ包丁を選ぶ


関孫六のおすすめ包丁 ベストの一本はどれか?(ページ2)

関孫六 茜

関孫六のおすすめ包丁 - 目次

  1. 「わかたけ」「ほのか」- 高炭素ですらない
  2. 「茜」- 口金がイミテーション
  3. 「匠創」- オールステンゆえのデメリット
  4. 1次選考通過分
  5. 「安土」「桃山」- 切れ味は良いが…
  6. 2次選考通過分
  7. 鋼材グレード順に並べてみよう
  8. 「萌黄」- 樹脂ハンドルの功罪
  9. 「くじゃく」「木蓮」- コスパが中途半端
  10. 関孫六のおすすめ(最終選考)
  11. 「いまよう」- 単層ブレードのベストバランス
  12. 「べにふじ」「青藤」- 中堅グレード王道ど真ん中
  13. 評価を終えて - あとがき

※ 上記の一覧表は、貝印公式サイトの情報を元に、一本一本調べてまとめたものです
また、当ページ(および当サイト)の内容は、わたしの刃物に関する経験と知識を元に書き記したもので、時間と手間をかけて貝印に確認した情報も含まれています。無断転載やコピーなど、コタツ記事への流用を一切禁止します。換骨奪胎してYouTubeで自説のように語るのもおやめ下さい。某ゲーム系ユーチューバーには警告を行いました

ちなみに、商品情報を確認する場合は、公式サイトのこのページが最も分かりやすい です
貝印オンラインストアではなく、貝印製品情報ページの方になります
(ダマスカスのようなプレミアシリーズから、コスパの高いノーマルシリーズ、金寿・銀寿のような和包丁まで1ページにまとまっています)

「茜」「ほのか」 - 口金がイミテーションでダサい

「茜」と「ほのか」
名称 口金 ハンドル 構造 刃物鋼材 ブレード 公式価格
ほのか 口輪 樹脂 中通し ステン刃物鋼 単層 3630
口輪 樹脂 中通し 高炭素ステン 3枚合 4840

ほのか


根拠:口金状の外観に仕立てているだけ。実は「イミテーション」

「ほのか」と「茜」は、そもそもハンドルが樹脂素材なので、口金を付ける必要性がありません

確かに、口金付きの方が見た目の高級感は出るものです。しかし、口金を付けるとその分コストがかかり、製品価格が上がります
それなら「口金」ではなく、ステンレスのパイプ材を嵌めてしまえば口金に見えるだろう。 …という意図が見え隠れして浅ましいのです

この項目を書くにあたって、念の為実製品を確認したのですが、やはり薄い円筒形状の板金をプレス成形して、樹脂ハンドルに被せているだけでした
外観を似せたイミテーションの口金など、子供だましもいいところです
見た目も実際にダサいです。わたしなら、まず買いません

下に茜の画像を掲載していますが、もしも、店頭で「ほのか」か「茜」を見かけたら、ぜひ手にとってブレードの付け根部分を確認してみて下さい

「金属の輪っかを嵌めただけ」というのが、よく分かると思います(公式画像では、判らない確度から撮影しているため、判別できません

【 追記 】
ここでは口金の構造と外観から、「ほのか」と「茜」をバッサリ切り捨てましたが、包丁の鋼材という観点から捉えると、茜は良コスパの優れた製品です
なぜかと言うと、鋼材のグレードだけで比較するならば、「茜」は、「べにふじ」や「青藤」と同グレードだからです これは貝印に直接連絡を取って確認した情報なので、間違いありません
口金部のダサさを気にせずに、コスパの良さで判断するのであれば、逆におすすめできる包丁です (しかしあくまでも、切刃鋼材(芯材)がステンレスの場合という条件付きです。これは、切刃がハガネの「安土」に対しては、価格でも切れ味でも完全に負けているからです(これに関しては、「安土」「桃山」のページで解説しています)

包丁・関孫六

【 評価・ほのか、茜 】
口輪は製品価格を押し上げているだけのアクセサリーパーツ。樹脂ハンドルには無意味

 ● おすすめ包丁の目次 に戻る


次のページ 「関孫六・匠創」 を読む

関孫六の上級グレード
「関孫六プレミア おすすめ包丁」はどれ? を読む

「包丁・ナイフ・刃物 」の目次に戻る