和包丁のカスタム(薄刃包丁)


錆の浮いた包丁を、リフレッシュ&カスタム

薄刃包丁(カスタム品)
画像は、作業前と完成後のビフォー・アフターです

種類:鎌形薄刃包丁(7寸・左利き用)
鋼材:青紙2号(推定)

刃 :平は鏡面仕上げ、裏面は半鏡面ヘアライン仕上げ
柄 :漆塗り光沢仕上げ、ハンドル材はチェリーウッド(桜材)

このページでは、カスタムの工程を大まかに紹介しています
より詳しい解説については、各工程毎にまとめましたので、下記ページをご覧ください

  1. 刃体全体の大まかなサビ取り
  2. 和包丁の柄付け
  3. 平(ひら)を鏡面仕上げにする
  4. 峰とアゴの内側も、同様に鏡面化
  5. 裏すきは、アールを付けた砥石で面研磨、ピンホール錆の除去
  6. 柄を「漆塗り」にする
  7. 和包丁の防水処理(エポキシ充填、中子の防錆)
  8. 刃付け・完成

↑クリックすると、該当するページにジャンプします


手直しした箇所・カスタムの状況

裏面(裏すき)を、半鏡面のヘアラインに

和包丁の裏すき修整
裏面(裏すき)にもかなり錆が浮いており、修整に手間がかかりましたが、最終的には半鏡面のヘアラインに仕上げました
裏面の修整と半鏡面仕上げの解説ページ

柄を漆で仕上げる

和包丁の柄(漆塗り)
桜材の柄を入手し、漆で仕上げました
下方に掲載している塗る前の状態と比較すると、見た目の印象がかなり異なることが判ります

漆塗りの各工程の解説ページ

アゴ マチなど、細部の仕上げ

鏡面仕上げ・薄刃包丁
アゴの内側の面やマチの周囲なども、時間をかけて丁寧仕上げました

峰を磨く

包丁の峰を磨く
峰の角を落とし、きれいに磨き上げると、包丁が引き立ちます

峰とアゴの鏡面仕上げの各工程

平(ひら)の鏡面仕上げについての解説


カスタム前:錆を落として、柄を付けただけの状態

和包丁の柄付け

鏡面仕上げや、漆塗装を施す前の状態です
ざっくりと錆を落として、柄付をしただけになります

機能的には何ら支障なく、この状態で普通に使うことができます
研磨や塗装を施した「カスタム後」の画像と比べてみると、「普通の和包丁」という感じです

和包丁の柄付けの解説

和包丁の防水処理(エポキシ充填、中子の防錆)について

初期状態:包丁入手時・未加工の状態

薄刃包丁(柄無し、サビ有り)
包丁を入手した時の画像です(リフレッシュ前)
柄の無い、刀身のみの状態で入手しました

全面に錆が浮いていますが、致命的な腐食は無いように感じました
切刃の面の崩れ、しのぎ筋の乱れ、裏押しの広がりなどは見られず、長期保管の未使用品のようです
手をかけて仕上がれば、庖丁として充分再生可能と思い、この状態で購入しました

大まかに全体をサビ取りした工程

完成した状態(サビ取り、柄付け、鏡面化、柄の再塗装などを実施)

薄刃包丁(柄付け、サビ取り後)

手間と時間はかかりましたが、きれいに仕上げることができました

切刃と裏押しの部分には部分的に腐食痕が残っていますが、敢えてきっちり仕上げずに、そのまま残しています
この部分は、使用に伴って自然に減っていく部分ですので、わざわざ削ってすり減らすのは、もったいないのです
そういう意味では、わずかに未完成な部分を残しています

刃付けと、完成後の解説