月寅次郎のサイト

おすすめ包丁(家庭用・三徳包丁部門)

最終更新日: 作者:月寅次郎

家庭用包丁 - 三徳包丁1本で何でもこなす場合

関孫六 茜

三徳包丁1本ですべてをまかないたい場合は、中堅クラスで汎用性に富む包丁がおすすめです
ここでは、関孫六「べにふじ」と「茜」の2本を取り上げます

自動車で例えると、ホンダのフィットや、日産ノートのようなクラスになります。価格も手頃で万人に扱いやすい、そんな包丁です

なお、「料理好き玄人用包丁」で挙げた、関孫六10000CL、関孫六10000CCに関しては、予算が許すのであればこのジャンルに含めても構いません

三徳包丁であれは、一本でたいていの家庭料理はこなせます
ここで牛刀を選択するのであれば、後述の「2本目の包丁」を参考にして、「買い足し」を検討しましょう
用途が広がり、便利さが増します

「三徳包丁」と「牛刀」のどちらを選ぶか?で迷っている方は、こちらの三徳包丁と牛刀はどちらがおすすめか?のページをご一読ください

おすすめ包丁(月寅次郎決定版) - 目次

  1. プロ用高級包丁 (刃渡りの長い牛刀で、華麗に切り分けよう)

  2. 料理好き玄人用包丁 (玄人はだしの人のために)

  3. 家庭用・三徳包丁 (現在のページ)

  4. 低価格で高い切れ味の包丁 (予算が少ないが、切れ味に妥協したくない場合)

  5. 炭素鋼の包丁(究極の切れ味) (突き詰めると、ここに行き着く)

  6. 2本目の包丁(買い足すと便利) (靭性の高い鋼材の妙味!)

  7. 「選外」の理由 (人気ありますが、おすすめはしません)

  8. 「選定」の理由 (なぜ良いのか?)

ツイートボタン

関孫六 べにふじ 三徳包丁

関孫六 べにふじ

関孫六 べにふじ
家庭料理を一本で済ませるなら、「べにふじ」のような中堅クラスの三徳包丁がおすすめです
(左の画像の商品です。実売価格が表示されない場合は広告ブロッカーをOFFにしてみてください)

何の変哲もない、平凡な包丁に見えるかもしれませんが、逆にそこが良いのです

高くて優れた高級包丁を作るのは、そんなに難しくはありません。包丁専業メーカーなら、どこでもできることです
ですが、安くて優れた包丁を作るのは、スケールメリットを生かした大企業にしかできません
それができるのが貝印であり、「安いのに優れている」という特徴が活きているのが「関孫六」です

家庭での日々の料理づくりを考えると、刃持ち、切れ味、研ぎやすさ、耐蝕性、靭性、価格など、様々な要素がちょうど良いバランスとなっています

どうにも「べにふじ」の良さが判らないという場合は、上の画像をクリックして「べにふじの解説ページ」をご覧ください。(包丁マニア目線で、かなり専門的に解説しています)


こちらのページ 「包丁の選び方(誰も言わないマニアな話)」 や、こちらのページ 「安い包丁は切れ味が悪いのか?」 も参考になると思います

関孫六 茜 三徳包丁

関孫六 茜

関孫六 茜
「関孫六 茜」は、ハンドルをPOM樹脂、口金を簡易タイプにすることで、高い性能はそのままに、製造コストを抑えて低価格で提供できるようデザインされています

べにふじと同様に、日々の家庭料理を一本で済ませたい場合などは、「関孫六 茜」の三徳包丁がおすすめです

切刃(芯材)の 鋼材グレードで比較すると、「茜」は、「べにふじ」や「青藤」と同グレードの、比較的良質の鋼材を使用しています
予算が限られている方には、特におすすめです

「他の関孫六の包丁はどうなのか?」という場合は、こちらの解説ページ 「関孫六の包丁 全モデル解説」をご参照ください
関孫六全モデルを対象に詳しく解説しています。関孫六プレミアについては、こちらのページで解説しています

このページでは、関孫六の「ごく普通」の包丁を、大真面目に推しています

このような、どこにでもありそうな普通の包丁を、自信を持っておすすめするのは、以外に難しいものです
当たり前すぎて、どこが良いのかを説明するのが難しいからです

しっかりと根拠を添えておすすめしているのは、わたくしこと月寅次郎くらいかもしれません

おすすめの根拠については、以下のページでも説明していますので、よろしければご併読下さい
関孫六の包丁(おすすめの根拠)

● 次のページ → おすすめ包丁決定版(低価格で高い切れ味部門)

「包丁・ナイフ・刃物 」の目次に戻る

月寅次郎の包丁解説(裏話)

月寅次郎の包丁レビュー(使用包丁一覧)

月寅次郎の包丁カスタム(DIY作業手順)

包丁の研ぎ方、砥石、研磨など(砥石のレビュー)

月寅次郎プロフィール