オピネル分解1 - 必要工具と準備作業


オピネル分解の概要

オピネルを分解し、ブレードを取り外す事によって、さまざまなカスタム作業が可能となります
鏡面処理の場合は、刃体全面を均一に加工することが可能となり、付け根部分まで丁寧に仕上げることができます

オピネル分解 "OPINEL Disassembling" の目次(1~6)

 オピネル分解 1:必要工具と準備作業 ← 現在のページ!

 オピネル分解 2:ロックリングの取り外し

 オピネル分解 3:ピンの頭を削って叩き出す

 オピネル分解 4:ピンを抜いて、ブレードを外す

 オピネル分解 5:分解完了、ピンの外径と分解時の注意

 オピネル分解 6:ピンを代用品で作り直す


実際の分解作業は、DIYに慣れている方が、適正な工具を使用してあたれば、さほど難しくはないとは思いますが、工具を揃えるところから初めるような場合は、それなりに苦労するかもしれません
圧入パーツの脱着を何度かやったことがあるとか、頭の取れたボルトを抜くためにドリルで揉んで、タップを立ててネジ山を切り直したことがあるとか、そういう整備経験が豊富な方なら、全く問題ないと思います

注意:もともとオピネルは、分解可能なようには設計されてはいません。そこを無理やりバラすわけですから、実行する際は自己責任で、怪我をしないように気をつけてやりましょう!

また、ここに掲載した分解手法は、あくまでもわたし個人のオピネルを分解して得られた知見を元にしています。そのため、オピネルの製造プロセスに変更等があった場合は、記載の方法では分解できなくなる場合も考えられます(本来分解可能な設計になっていないものを、ユーザーの自己責任において分解しているわけですので致し方ありません)


追記:現行オピネルと旧タイプの分解時の違い(ピンを抜く方向)、ピンの外径実測値、分解に必要な工具についての説明、を追加しました
また、ページ全体のテキスト量が膨大になったため、ページを分割しました
旧タイプとは、ブレード収納時のロックがかからないものです。2000年以降に発売された現行タイプのオピネルは、収納時にロックが可能なように改良されています

オピネルを分解するために必要な工具

  • サークリッププライヤー (ロックリングの脱着用)
  • 平ヤスリ (ピンの頭を削り落とす)
  • ハンマーと平行ポンチ (ピンを叩き出す)
  • バイスグリップ (全量叩き出せなかった場合に、ピンを掴んで抜く場合に使用)
オピネル分解に必要な、主だった工具はこういったものです
それぞれの工具についての、詳しい説明や選び方のヒントは、分解の詳細ページに記載しましたので、目次から進んでご覧ください



注意! 黒錆処理とオイル漬けについて

オピネルの分解は、黒錆処理やオイル漬けのために行っている方が多いようですので、ここで一度警鐘を鳴らしておきます

黒錆化は意図的に酸化皮膜を作る処理です。ある意味わざと腐食させるわけであり、ドブ漬けして黒錆処理を行うと、刃先も当然腐食して、切れ味が悪くなります
自分で研いで、刃付けをすることが難しい場合は、不用意にやらない方が良いでしょう

また、「油漬け」の場合は、そもそも「分解できないから、そのままドブ漬けしている」わけですので、正常に分解できた場合は、わざわざオイル漬けにする必要がありません
吸水対策としては、ハンドルの小口部分やブレードとの合わせ面を中心に、木工用蜜蝋ワックスを塗り込んだ方が、確実で不具合が出にくい処理となります

オピネルを長年使用しているわたしからすると、オイル漬けは、不具合の原因になるので、やらないほうがよいです (詳しくは、下記リンク先に関連記事をまとめましたので、そちらをご覧ください)
油漬けをする人が後を絶たないようですが、オイルに漬けすぎるとハンドルの木材が膨張して取り返しがつかなくなります。絶対にやめましょう。

準備:刃引きとブレード面の保護

先に『刃引き』を行い、刃を潰しておきます
刃引きは、安全に作業するための、必須作業です

砥石の角にブレードの根本を垂直に当て、そのまま引くようにこすって刃を丸めます。こうすることで刃が潰れ、切れなくなります
それまでキレキレだったナイフも、ペーパーナイフのような丸刃になりますので、作業時の怪我を防止することができます

刃引き後は、マスキングテープ等を刃の全面に貼り付けて養生し、作業時の傷を防止します

注意:刃付けに自信がないため、刃引きを省略し、刃が付いたままの状態でカスタムする人も多いようですが、非常に危険な行為です。絶対にやめましょう!



 ● 次のページ:オピネル分解 - ロックリングの取り外し