「オピネルのオイル漬け」は、最悪のカスタム


オピネルのオイル漬けは、やってはダメですよ

「オピネルを買ったので、乾性油に24時間漬けて、オイル加工してみたよ!」
 …といった記事を、ネット上で数多く見かけますが、 安易に真似をするのはやめましょう

「オピネルを買ったら、すぐ行うべき儀式」とか、「オピネルの定番カスタム」など、あたかも重要かつ必須なメンテナンスのように書かれていますが、決してそんな事はありません

「そんなデタラメ書いたらダメでしょうに…」と思います

油漬けを紹介している方々は、オピネルの使い方だけでなく、木材加工に対する知識が不十分なため、「乾燥と切削を終え、寸法を微調整済みのハンドル材に、油をどっぷり浸透させる」という事が、何を意味するかを判っていないのです
(何も知らないというのは、本当に怖いです)
オピネルのオイル漬けは、逆にブレードが開かなくなる事があります

オピネルのオイル漬け、オイル加工、油漬け、とは?

「オイル漬け」は、「オイル加工」、もしくは「油漬け」とも呼ばれ、個人ブログなどで盛んに紹介されています

オピネルのハンドルが吸水(吸湿)すると、木製の柄が膨張し、ブレードが固い状態になり、刃が出なくなるのですが、その対策として施工されているものです

やり方は実に単純で、オピネルを乾性油に漬け込んだ後、乾燥させるだけです。漬け時間は、24時間が一般的なようですが、さらに時間をかけて加工する方もおられます。また、乾性油の種類としては、主に亜麻仁油やクルミ油、紅花油などが使われています

このオイル漬けに必要なのは、幾ばくかの材料と少しの時間だけであり、技術もテクニックも必要ありません。そういう楽ちんなカスタムという点が受けたのか、(日本国内限定の流行ではありますが)多数の方が真似をしているありさまです

このようなカスタムは、オピネルが公式に推奨しているものではなく、個人ブロガーや転載記事だらけのキャンプ系まとめサイトが、こぞって「オピネルに効果的、必須、やるべき」と謳っているだけであり、根拠に乏しいばかりか、弊害の方が多く、間違いだらけの木材表面加工です
オイルを木材に使用する場合は、薄塗りと乾燥を繰り返して仕上げるのが基本です(所謂オイルフィニッシュです)厚塗りは原則として禁忌であり、長時間のドブ漬けについては、何をか言わんやです

オイルに長時間つけた場合、油の潤滑効果によって、ブレードの固い状態が一時的に回復することもありますが、吸湿対策としては、たいした効果が無いばかりか、油が浸透することで、逆に木材が膨張し、かえってブレードが出にくくなります(長時間漬けると、油が深部まで浸透しますので、その傾向がより一層顕著になります)

わたしはオピネルを使い始めて30年近くになりますが、「このような安易なメンテナンスは、間違っており、やってはいけない」と考えます

乾性油に漬けても、たいした防水効果は期待できない

亜麻仁油に代表される乾性油は、塗膜を形成するタイプの塗材ではなく、木材表面に薄く染み込むことによって、穏やかな保護効果を得るものです

木の目地や導管を埋めるような効果はありませんので、木の質感が維持されやすく、木材本来が持っている調湿作用も、そのままの状態に保たれます

そのため、乾性油を塗ったとしても木材の吸湿を止めることはできません
防水や耐水、吸湿防止という意味では、大きな効果は期待できないのです

どうしても木材表面の防水力を高めたい場合は、蜜蝋ワックス等を塗り込む方が適しています
乾性油に漬けて防水効果を狙うというのは、油脂類の選択と、施工方法の両面において間違っています

ウレタン系塗料などを使用して、木材表面に堅牢な塗膜を作ることができれば、かなり高い防水効果が見込まれますが、これらは簡単な施工とは言えませんし、塗膜の厚みの分だけブレード取付部の隙間が狭くなるため、ブレードの動きが阻害されることになり、現実的ではありません(拭き漆なら良いと思います)

乾性油を選択しているのは、おそらく「油ならどれでも防水効果があるだろうし、乾性油ならベタつかない」という安易な発想によるものでしょうが、これでは大した効果が見込めないばかりか、漬けすぎによって木材が膨張したり、ブレードが固着する恐れもあり、リスクが高すぎます

木工用ワックスは半固形ですので、細部まで塗り込むためには オピネルを分解する必要があります
それが面倒なので、亜麻仁油クルミ油などの乾性油にドブ漬けしているのでしょうが、「素人考えにも程がある」と言わざるを得ません

オピネルを分解せずとも、ハンドルの小口部分などに木工用の蜜蝋ワックスを塗り込むだけで、撥水効果が期待でき、安全に施工できます(奥まった部分は綿棒で、細かい隙間は歯ブラシの先に極少量付けて塗り込んでやると効果的です)

ちなみに、オピネルのオイル漬けで、かえって刃が固い状態になり、ブレードが開かなくなったというトラブル事例は、実体験として複数ユーザーから挙がっています
(オーフスカールスハムン製「ピュアウォールナッツオイル」のページ参照)

もちろんこれは、オイルの品質が悪いわけではありません
油に長時間漬けるという行為が間違っているのであり、オイルの使い方がおかしいのです

オーフスカールスハムン
ピュアウォールナッツオイル
Old Village
木製食器用オイル
蜜蝋ワックス

● 次のページ >> オピネルをオイルに漬けると、思わぬトラブルが…
 包丁・ナイフ・刃物 のメインページに戻る