ブライトホルン登山4(山頂到達、360度のパノラマ)


ブライトホルン登山4(山頂到達、360度のパノラマ)

モンテローザと登山者
モンテローザ(4634m)を背景に立つ登山者たち
登頂後は皆一様に、笑顔で記念撮影です

「ここまでやってきた、自分の足で歩いてきた」という思いが、喜びとなって溢れ出ます

周囲には、360度の大パノラマが広がっています
それぞれの方角を見渡してみましょう

ブライトホルン山頂より、北東の展望

ゴルナー氷河とミシャベル山群
眼下にゴルナー氷河が横たわり、その向こうにはミシャベル山群がそびえています

ミシャベル山群のなかでひときわ高くそびえているのは、左がドム(Dom 4545m)で、右がテッシュホルン(Taschhorn 4491m)です
ブライトホルン山頂からはお互いの山が重なって見えますので、あたかも双耳峰のように見えています

左端の渓谷がマッタータル(マッター谷)です
マッタータルの遠方やや右よりの位置に、ユングフラウ・メンヒ・アイガーの、オーバーラント三山があるはずなのですが、距離が遠すぎてよくわかりません(方角的にはこちらのはずです)
もしかすると、アレッチホルンなどの手前の山に隠れているのでしょうか?
(後日、これらの山々も訪問することになりました)

ブライトホルン山頂より、北西の展望

ブライトホルン山頂からの展望
マッター谷の様子がよく見えます。谷の上方に浮かんでいる帯状の雲も、とても印象的です

谷底をよく見ると、ツェルマットの村がちらりと顔を出しています
谷の奥の方で斜面の色が変わっているのは、ランダの大崩落跡です

メッテルホルン(3406m)、ヴァイスホルン(4505m)、ツィナールロートホルン(4221m)、オーバーガーベルホルン(4063m)、これらの山々は、来る途中にゴンドラの中からも見えましたが、より高い山頂から見下ろすことで俯瞰する感じになり、位置関係と奥行きがよく判ります

ブライトホルン山頂より、西方向の展望

ブライトホルン山頂から見るマッターホルン
右側がスイス領で、左側がイタリア領になります

正面に大きくマッターホルン(4478m)、右奥にはダン・ブランシュ(4357m)がよく見えます

左奥にはグラン・コンバン(4314m)、さらに左端にはアルプス最高峰のモンブラン(4810m)も見えています

今回は、ウォーカーズオートルートを歩き終えてツェルマットに辿り着き、その後ブライトホルンに登っているわけですが、その起点は、モンブランの麓の街、シャモニーでありました
モンブランの麓から18日間かけ、山超え谷越えしてここまで歩いてやってきたわけですね。さすがに感慨深いものがあります

ブライトホルン山頂より、南西の展望

ブライトホルン山頂からの景色
右端のアンテナが立っている小さな岩山が、クライン・マッターホルンです
あそこから、すり鉢状の氷河を大きく迂回して、ここまで登ってきたわけです

ブライトホルン山頂より、南東の展望

ブライトホルン山頂からの景色
この日の山頂では、北側(スイス側)に数歩踏み出すと、谷底から吹き上げてくる冷風が、轟々と強烈な勢いでした
断熱冷却のおかげで、肌がビリビリと痛むような、氷点下の冷風になっています(恐らく-5度以下でしょう)

あまりにも冷たかったため、取り出したスマホが急激な電圧低下を起こしてしまい、その場で電源が落ちてしまったほどです

山頂の南側(イタリア側)は「風裏」になっていたため、かなり風が弱くなっていました
そのため休憩中の人は、(画像のように)風を避けて南側斜面で姿勢を低くして休んでいます

ブライトホルン山頂から、モンテローザを眺める

ブライトホルンから見たモンテローザ
ぐるっと一周して、東の方角、モンテローザ(4634m)に戻りました
マッターホルンほどの知名度はありませんが、やはりスイスの最高峰。名山の一つです

マッターホルンと違って、山頂付近までたっぷりと雪を湛えたモンテローザは、白く光る雪面が、露出した岩肌とのコントラストを織りなし、揚揚たる貫禄を醸し出しています

このブライトホルン山頂からは、モンテローザへ向かうリッジにトレースが付いており、よく目を凝らしてみると、登山者が取り付いている様子が見えます

「おおっ、あのリッジを超えて行こうというのか・・・」
思わず声がこぼれます

ルートを左に取りすぎると、雪庇に乗って雪ごと滑落してしまう危険なルートです
わたしの技量と経験では、とても真似ができません

モンテローザ方向へ続くトレース
少し身を乗り出して、トレースの様子を覗き込んでみました
左右に大きく切れ落ちた、ナイフリッジ状の稜線には、足の幅一本分のトレースしか付いていません

ブライトホルンを後にする登山者
少し下がって安全なところから、砂粒のような登山者をじっと眼で追っていました
するとわたしの横を、さらに3人組のパーティーが追い抜いていきます

彼らもこのルートを行くのでしょうか?
足並みには乱れもなく、そこがあたかも普通の道でもあるかのように、躊躇なく整然と歩を進めていきます

心のなかで、拍手と称賛を送りながら見送りました



山頂からの眺めを楽しんだ後は下山に入ります
次のページは、クライン・マッターホルンまでの下山の行程です
最後の方で高山病になってしまうのですが、症状の程度はどのぐらいだったのでしょうか?

● 次のページ >> ブライトホルン登山5(下山開始、登山時よりも慎重に!)