月寅次郎のサイト

キャンプ飯「スペアリブ バーベキュー」

最終更新日: 作者:月寅次郎
スペアリブ・バーベキュー
ツイートボタン
「グランピング体験記」 目次
  1. グランピングとは (Page 1)

  2. ロケーション、キャンプ場の様子

  3. グランピングは、ゴージャス&リラックス

  4. 関連リンク・補足情報

  5. ベルテント・タープ、サイトの状態 (Page 2)

  6. スペアリブ・バーベキュー (Page 3)

  7. キャンプ飯&ドリンク (Page 4)

  8. ナイトキャンプ (Page 5)

  9. こぼれ話 (Page 6)

キャンプ飯「スペアリブの炭火焼」

焼く前のスペアリブ(5kg)

キャンプ・バーベキュー
 でっかい肉 キター! 5㎏ほどあります(今回、食材は持ち込みです)

先に「ベルテントあらずんば、グランピングにあらず」と、大見得を切りましたが、ここで撤回させていただきます。 くるり(手のひらを返した音)

大型肉のバーベキューあらずんば、グランピングにあらず・・・です

すぐに火が入るような、薄切り肉を焼くバーベキューではないですよ
調理法からすると、あれはバーベキューではなく、「グリル」に相当します(言い換えると、「炭火調理の焼肉」でしかありません)

持ち上げるだけで筋トレになりそうな、ずっしりした重量の塊肉が、グランピングには欠かせないのです
大型の塊肉を、遠火の弱火で長時間かけ、じっくり中まで火を通す
これこそがバーベキューなのです

塊肉のバーベキュー(約5㎏)。 …あぁ、なんという甘美な響きなのでしょう

「声に出して読みたい日本語」とは、このことです
「一枚肉のスペアリブ」、「切り分けていない、丸々一本のスペアリブ…」
お題目のように唱えるだけで、ご飯が3杯食べられそうです

キャンプ・BBQ
1時間以上かけて、弱火でゆっくりと火を入れていきます

これだけのサイズの肉を焼くには、調達から始まり、熟成・下処理、火の入れ方など、それ相応の修練が必要です

今回もいつものように、「肉師匠のRさん」におまかせです

ええ、ハイ、ワタシはなにもやっておりません。
いつものように、パクパク食べていただけです
いいんでしょうか?

ホンマ製作所
薪ストーブ

Coleman
バーベキューコンロ


キャンプ・バーベキュー
徐々に肉に火が入り、焼き色が付いてきました

あたりは陽も落ちて、夜のとばりが降りてきました
暗くなると、ムササビが跳び始めるよ」と、橘香園の方が親切に教えてくれました。

わたしは、跳ぶ瞬間が見れないものかと林の暗がりに目をやりましたが、すぐに視線を炭火の肉に戻しました

香ばしい匂いが、鼻腔をくすぐりはじめたからです

キャンプ・スペアリブBBQ
Rさんが、肉を切り分け始めました
ムササビのことは、完全に忘れました

今この瞬間、わたしに「寺門ジモン師匠」が乗りうつりました

キャンプ・スペアリブバーベキュー
骨に沿って切り分け、側面からも火を入れることで骨の周りに火が入り、この上なく美味しいスペアリブに仕上がります

味付けは、塩と胡椒だけです
本当にうまい肉に、小細工は必要ないのです
わが心のジモン師匠も、そうだそうだと頷いています(妄想)

焼きあがったお肉と、それを食べている画像は、一切ありません
(お察し下さい。とてもおいしかったのです)

遠方はるばる肉を持参し、炭火に付きっきりで焼いてくれたRさん
本当にありがとう、ありがとう(もう、足を向けて寝られません)

ELLISSE
鍛造ペグ

igloo
ウォータージャグ