本来『ダマスカス鋼』とは、何を指すのか?


本来『ダマスカス鋼』とは、何を指すのか?

そもそもダマスカス鋼とは、古代インドで製造されたウーツ鋼の別称です
インドで製鉄されていたにもかかわらず、「ダマスカス」と呼ばれているのは、この鋼材が、主にシリアのダマスカスで鍛造され、刀剣等に仕立てられたことに由来します
要は、鋼材を造った場所ではなく、その鋼材を使って刀剣に仕立てた地名が、鋼材名として定着したというわけです

ダマスカス鋼で作った刀剣は、独特の模様が刃面に浮かび上がり、非常に特徴的な外観をしていました(これらの模様は、鋳造時に鉄に混ざった不純物が、均一に分散しない状態で、そのまま固まったことが原因だと思われます)

現代において「ダマスカス包丁」、もしくは「ダマスカスナイフ」として販売されているのは、このダマスカス鋼を再現したものではなく、外観をダマスカス風に似せて作ったものです

本来のダマスカス鋼は、製鋼時の結晶作用に起因するものですが、現状でダマスカスと称している鋼材は、異なる二種類の鋼材を積層することで、等高線のような模様を生じさせています

つまり、現在販売されているダマスカス包丁は、本来のダマスカス鋼を使用した刀剣とは全く異なったものであり、外観を似せたものでしかありません

言ってみれば、『外見をダマスカス風に仕立てた包丁』です

鍛造刃物の刃文は機能美だが、ダマスカス模様はただの見せかけ

和包丁や日本刀なども、刃の表面に波打つ模様があり、非常に特徴的な外観となっています

霞焼きの和包丁に見られる刃文は、炭素鋼と軟鉄を鍛接した際の合わせ面が、刃の表面に露出したものです
また、本焼きの和包丁と日本刀の場合は、刀身に土を盛ることで、焼入れ時の熱の伝わり方をコントロールし、硬度差を生み出すことで刃文が生じています

刃物は、硬くすればするほど折れやすくなるという二律背反を抱えていますが、これらの刃文は、硬さと粘りを両立させることで、切れ味が良くて折れにくい刃物を作るための機能美と言えるものです

西洋の刃物ではあまり見られないこれらの模様は、日本古来の伝統的打刃物の特徴です
言ってみれば、刃文は、切れ味鋭い日本の刃物の象徴ともいえるものでした


ダマスカス包丁の模様は、これらの伝統打刃物の刃文とは大きく異なり、機能のために生じた模様ではありません
ありていに言ってしまうと、模様のための模様であり、つまり装飾です

どうやってダマスカス模様を出しているのか?

鋼材メーカーでは、二種類の鋼材を積み重ね、圧延接合して一体化させ、多層構造の積層鋼を作ります

この状態で積層自体は完成しているのですが、積層面が露出するように切削研磨しても、模様が際立つまでには至りません

金属は基本的に銀白色ですので、組成が少し異なるくらいでは、反射率に若干の違いが出る程度で、色の違いがあまり目立たないのです

そのため、酸洗処理サンドブラストを施して、コントラストを際だたせています

さらに、単に積層しただけでは単純な縞模様にしかなりませんので、より魅力的な模様にするために、槌で打って鋼材をデコボコにした後、わざわざ平面に研ぎ出して、より複雑な模様に仕上げている製品もあります(大変手間のかかる作業ですので、製品価格も非常に高額になります)

酸蝕法の場合

酸蝕法は、鋼材の耐蝕性の違いを利用した方法です

酸性の液体に積層鋼材を浸し、意図的に表面層を薄く腐食させることで、色の違いを引き立たせています
腐食しづらい鋼材の方は白っぽい色のままですが、そうでない方の鋼材の方は、黒色酸化被膜が形成されますので、二色のコントラストが引き立つのです

ブラスト法の場合

ブラスト法は、鋼材の硬さの違いを利用した方法です
硬度の高い粒子を、空気圧を利用して高速で鋼材に衝突させ、表面を薄く削ります(いわゆる「サンドブラスト」です。車をレストアする際など、パーツ表面の腐食部分を薄く削る用途などにもよく使用されます)

硬い方の鋼材は、さほど削れませんが、柔らかい方の鋼材は、微粒子が衝突した跡が微細な窪みとなって残り、表面がザラザラの梨地になります
ブラスト法は、この表面の状態の違いによって、ダマスカス積層模様を浮き立たせています
(ですので、研磨してツルツルにしたり、研ぐ時に砥石が当たったりすると、ブラスト処理の跡が消え、模様が目立たなくなります)

 ▼ 次ページ:ダマスカス鋼の呼称問題

 ▲ 前ページ:ダマスカスのメリットは、製造販売側の甘い汁



 人気のダマスカス包丁は、本当におすすめなのか? に戻る

 包丁・ナイフ・刃物 のメインページに戻る