月寅次郎のサイト

100均の包丁(ダイソー) - 包丁ブランドの解説(8)


100均 包丁

Galaxy.(ギャラクシー/ダイソー)

包丁を低コストで製造するということに関しては、他の追従を許さない(ほど雑な造り)

口金を付けず、射出成形の樹脂ハンドルで形状加工を省略し、刃体の「スキ加工」に手を抜きまくれば、包丁はここまで安くできるという見本

包丁としてのクオリティは「下の下」ではあるものの、決して「道具」として使い物にならないわけではない
もちろん刃持ちは悪いし、刃抜けの良さは期待するべくもない

だが、「価格が安い」というのは、それはそれで一つの価値である

100均の包丁を、「典型的な安物包丁」と見ることもできるが、「よくぞ、ここまで安くした!」という見方をすることもできる
そういう意味では、どの視点で見るかで、評価の分かれる包丁

100均包丁のブレード形状

ダイソー 包丁
上の画像を見てほしい

銀色の部分は平面のままで「無加工」になっている(鋼材の板厚がそのままになっている)
濃いねずみ色の部分は、「スキ(削り)」が入っている部分で、この部分のみが切削加工されている
つまり、エッジ側4分の1程度を削っているだけで、峰側のほとんどの部分はノータッチになっている

包丁としては、「何だよコレ?」と言いたくなるほど、雑な形状加工なのだが、見方を変えると、低価格で販売するために、ギリギリまで製造コストを抑えた結果と言えなくもない
ちなみに、まっとうな刃物メーカーの包丁は、かなり峰に近い部分まで削りを入れてテーパーを付け、刃の抜け具合が最適になるよう切削加工してある

このように、100均の包丁はブレードのスキ具合が劣悪だが、逆にこの部分を丁寧かつ精密に仕上げるメーカーとしては、MISONOの名前がよく挙げられる

個人的に、MISONOが製造し、日本橋木屋が販売した牛刀を持っているが、「よくここまで薄く仕上げたな」と、言いたくなるくらい、刃を薄く研ぎ抜いている その分価格も高い

刃体のスキ加工(テーパーの付け方)に関心を持つのは、包丁に造詣の深いマニアか、刃の抜け具合にこだわる本職の料理人くらいで、一般の方が興味を持つことは少ないものだが、この部分はある意味包丁の肝であり核心でもある

本当に「良い包丁」を求めるのであれば、「ブレードのスキ具合に、どれだけ手をかけているか?」を考慮すべきであると思う。手をかけてブレードを薄く鋤いた刃体は、刃の抜け具合が良いので切れ味も良好だ

刃先にいくら鋭い刃を付けても、刃体の抜け具合が悪ければ、切れ味は結果として相殺されてしまう

100均 包丁
ちなみにこの包丁、一度先端から落とした事があるようで、先端が曲がっている(画像右端の先端部分が、反対側に曲がっている)
切っ先が折れずに、めくれるように曲がっているところを見ると、(靭性は高いが)その程度の硬度しか出ていないということが判る

旧型の「Galaxy777」と、現行型の「Galaxy.」 違いは?

このページに掲載している画像の包丁には、刃体に「Galaxy777」と印字されているが、現行製品からは「777」が消え、「Galaxy.」となっている

また、現行品の包丁は、「包丁の厚みが若干薄くなったようだ」との情報もあったため、確認を取ってみた

ダイソーに問い合わせたところ…
旧型の万能包丁(三徳包丁)が、刃厚:1.5mmであったのに対し
現行品の包丁は、刃厚:1.2mmと、より薄くなっているとのことだった
(厚み以外に変更点はなく、素材(鋼材)等の変更は無い)

一般的な三徳包丁の厚みは、おおよそ2.0mm前後であることが多く、1.2mmというのは、フィレナイフ並の厚みになる
薄く圧延した鋼材を使用することで材料費を抑え、低価格に寄与しているものと思われるが、それにしてもやや薄すぎる感じがしないでもない
ここまで薄いと、少々頼りない使用感になるはずだ

なお、この包丁の仕様変更は、「ダイソー」の「ギャラクシー万能包丁」の話である
(出刃包丁等、他の形状の包丁については、調査していない)

現行製品の商品名は、「ニューギャラクシー万能包丁」であり
(JANコード:4994163294818)
販売を終了した旧型品の商品名は、「ギャラクシー穴無万能包丁」となっている
(JANコード:4994163282211、もしくは、4994163180739)

100均の包丁は、本当に切れるのか?

清水製作所
スーパートゲール

100均の包丁でもきちんと研げば、ビックリするほど良く切れる!」というのは、YouTubeでよく見かけるコンテンツである

技術の確かな人が時間をかけて丁寧に研いでいたり、経験の少なそうな人がスーパートゲールを併用して研いでいたりと、さまざまだ

たいていの動画では、研いだ直後の状態でさまざまな試し切りを行い、切れ味を確かめている

ここで重要なのは、「その後の経過を検証する動画」がほとんど見当たらないことだ

100均の包丁を研いでから、1ヶ月間使い続けました。さて、切れ味はどこまで落ちたでしょう?」…といった動画は、全く見当たらない

それはそうだ、切れ味が顕著に落ちているのが当たり前で、そんな意外性の無い動画など見向きもされない(なので作る方も、そのような動画は撮影しない)

なにしろ炭素量0.4%以下のSUS420J2鋼材でも、きちんと研げばそれなりに刃は付く
安物とはいえ包丁であれば、炭素量0.5~0.6%くらいの刃物鋼は使用しているだろう。それで切れる刃が付かなければ、それは何らかの「製造に起因する不良」である 焼入れの不良など

ただこのような、刃物としては硬度が低めの包丁は、研ぎたてはそれなりに切れたとしても、刃持ちがよろしくないのが普通である

100均の包丁が「きちんと切れる」ことについては、さほど驚くべきことではない
驚嘆すべきことがあるとすれば、これを100円の価格で製品化しようとした「経営判断」の方だと思う

低価格の包丁の切れ味については、こちらのページで検証しています
100均包丁ではありませんが、大手のローエンドクラスで検証しています

100均包丁の評価すべき点

ダイソー 包丁
100均包丁の評価すべき点は、なにより価格が安いということだ

低コストで製造しているため、造りに安っぽい点は多々見られるものの、包丁として使えないわけではない

間違っても高品質とは言い難いが、購入直後であれば切れないというわけではない

100均包丁のダメな点

長切れ(刃持ちの良さ)については、期待できない
刃の抜けの良さも、前述したように劣悪
刃がかりの良さについても、基本的に期待できない
仕上げも雑で、刃はペラッペラ

世の中には包丁を全く研がずに使い続ける方々も、一定の割合で存在する

そのような方々が日々使っている包丁は、刃筋が著しく摩滅しているため、新品の100均包丁と比べてしまうと、どうしても「100均包丁の方がよく切れる」ように感じられてしまう

このように、比較対象を何に求めるかで、100均包丁も良い包丁になったり、ダメダメな包丁になったりする

ただ、「100均の包丁でも、きちんと研げば驚くほど切れる!」という場合は、「よく切れる」という評価基準が低すぎるように思う (普通に切れるというのであれば、まだ理解できる)

きちんと研げば刃物としてそれなりに使えるけれども、その状態が長く保てるわけではないので、決して「良い道具」とはなりえない

比較対象の包丁次第では、100均包丁も良心的?(追記)

当初、この「100均包丁」をクソミソにこき下ろした評価をしていましたが、とある包丁を調査しているうちに考えが変わりました
そのため、当ページの内容も大幅に加筆修整しています

包丁としての品質は低くとも、それに合った適正な価格で販売されていれば、それはそれで一つのバリュー(価値)なのだと、考えを改めたのです

利益を低く、価格も安く設定し、その分を消費者に還元するというのは、消費者側にとってはありがたいものです 競合他社にすれば、「お願いだからヤメて!」となるでしょうが

世の中にはさまざまな包丁があるもので、色々と仔細に見ていると「何なのだこれは?」と声が漏れてしまうような包丁もあったりします

使用材料と製造コストは安物包丁クラスなのに、価格だけ高級な包丁があったりするのです これホント!
そのような、消費者を舐めているような包丁に比べると、100均の包丁の方がよほど良心的です

前述の「中身は安物で、価格だけ高級包丁」が何を指すかについては、申し訳ないですが「大人の事情」で詳細を語ることができません

おっとこんなところに、全く無関係のリンクが張ってあるぞ、これはきっと何かの間違いだな
 スーパーストーンバリア包丁
うん、そうに違いない。きっとそうだ

その他の包丁ブランド - 目次

  1. 包丁のブランド(メーカー)について
  2. 関孫六・旬(貝印)
  3. ヘンケルス Henckels
  4. ツヴィリング Zwilling
  5. グローバル(吉田金属)
  6. 藤次郎
  7. ヴェルダン(下村工業)
  8. ビクトリノックス Victorinox
  9. Misono
  10. ギャラクシー(ダイソー・100均)
  11. Gサカイ
  12. グレステン(ホンマ科学)
  13. MAC(マック)
  14. 関虎徹(安田刃物)
  15. 京セラ
  16. KASUMI(スミカマ)
  17. ヤクセル
  18. パール金属
  19. ヴォストフ Wusthof
  20. オピネル Opinel
  21. ティファール T-fal
  22. マイヤー Meyer
  23. アムウェイ Amway
  24. スーパーストーンバリア包丁

※ 当ページに書かれているのは、あくまで刃物好きの包丁マニアとしての、個人的な印象です(絶対的なものではありません)

人の価値観はそれそれです
自動車の世界でも、エアロパーツをゴテゴテ装着して車高を極端に落とした車を、「かっこいい」と思って乗っている人がいる一方で、「恥ずかしい・みっともない」と思う人も存在します
それと同様に、価値には多様性が存在します

このページに書かれていることは、単に一方向から見た個人の意見です(多人数の意見をまとめて集約したものではありません。あくまでも一つの参考として捉えて下さい)


WiFiスマートプラグ
Alexa/Google Home

おすすめの包丁(外観より切れ味重視でランキング)

家庭用のおすすめ包丁(安い価格で、最良の切れ味を)

ダマスカス包丁について(本当におすすめ?)

包丁のトップページ に戻る